カジノエックスは仮想通貨も使えるオンラインカジノとしても人気があります。

特に、取り扱いスロットの数が業界トップクラスということもありジャックポット狙いの人にとってはカジノエックスは大切な存在になっています。

このページではそんなスロット激アツのカジノエックスの入金と出金について種類や限度額を解説してみました。

カジノエックスへの入金手段と限度額

入金手段入金下限入金上限/1回あたり
VISAカード1,000円50万円
マスターカード500円50万円
JCBカード500円20万円
アメックスカード500円6万円
ディスカバーカード500円6万円
エコペイズ500円100万円
アイウォレット500円100万円
ヴィーナスポイント500円100万円
ビットコイン500円9999万円
イーサリアム500円9999万円
リップル500円9999万円
ライトコイン500円9999万円

クレジットカード入金 特徴

クレジットカードは定番どころのVISAとマスターカードとJCBカードの他に、また取り扱いが珍しいアメックスとディスカバリーも使えます。

ただし、1回に入金できる上限額はVISAとマスターカードが50万円・JCBカードが20万円なのに対して、その他のクレカは6万円なので使い勝手はいまいちです。

電子決済で入金する 特徴

エコペイズ・アイウォレット・ヴィーナスポイントの電子決済を使う場合、他のオンカジと比較してもほぼトップクラスの入金上限額となっています。

1回の入金上限額が100万円もあるのでハイローラーな人でも十分に資金のやりくりができると評判です。

仮想通貨で入金する 特徴

仮想通貨はビットコイン・イーサリアム・リップル・ライトコインが使えますが、最低入金額は500円で上限額はなんと9999万円という大きさです。

抜群の入金上限額なのでハイローラーにも使い勝手が良くて人気があります。

カジノエックスは間違えて入金した時の対応が神!

カジノエックスには間違えて入金をしてしまっても一定額を払ってしまえば出金させてもらえます。

入金してしまった金額の10%の金額を取られることになりますが、他のオンカジでは賭けることなく出金はさせてもらえないことを考えれば、10%払ったとしてもありがたい対応ですよね。

うっかり間違えて1,000万円など入金してしまっても賭けることなく900万円を出してもらえるのはホントに神対応だと思います。

>> カジノエックス登録手順

カジノエックスへの出金手段と限度額

出金手段出金下限出金上限/1回あたり
エコペイズ1000円50万円
アイウォレット1000円20万円
ヴィーナスポイント1000円10万円
ビットコイン1000円200万円
イーサリアム1000円200万円
リップル1000円200万円
ライトコイン1000円200万円

出金で注意が必要なのは出金手数料出金条件です。

カジノエックスの出金手数料

出金手数料について

カジノエックスの出金はどの手段を使ったとしても1・2回目は手数料がタダですが、3回目からは10%の手数料が発生するんです。

 

また、ビットコイン・リップル・イーサリアム・ライトコインは為替の影響を受けてしまいますが、もし為替の影響を受けたくない人はビットスターズもおすすめです。

ビットスターズなら入金・プレイ・出金が一貫して通貨チェンジが発生しないので無駄な心配がありません。

ただし、多少の為替の影響はあっても問題ないならこのカジノエックスの方が僕的にはおすすめです。

カジノエックスの出金条件

出金条件について

入金したお金についてはプレイするゲームによって出金条件が違ってきます。

  • 入金額に対してスロットなら1倍額をプレイすればOKです。
  • スロット以外のゲーム、もしくはスロットと他のゲームを一緒にプレイした場合は3倍額のプレイが必要です。

これは他のオンカジでも共通していますが、スロットだけは出金条件がゆるいです。

スロットだけ出金条件がゆるい理由は、バカラやブラックジャックなどのカードゲームに比べて勝つまでに使う資金がどうしても多くなるからです。その代わりジャックポットなどで大勝ちした時のリターンの大きさは数億円などの可能性があるので納得です。

>> カジノエックス登録手順

カジノエックスと違って入出金の上限なしのオンカジ

もしも入金額も出金額もカジノエックスよりも大きなところを利用したい人におすすめなのはパイザカジノになります。

ただし、完全無制限なのは電子決済と仮想通貨です。

クレカだけは両社似たようなものです。