ギャンボラはスポーツベットもできるオンラインカジノとして人気がありますが、その他にもマッチベターを使うハイローラーにも人気があります。

マッチベターでの出金は1回の出金上限額こそありますが、月間の上限額は非常に大きいのでよほどのハイローラーでなければ満足できるはずです。

それに、ベットするごとにキャッシュリベートでお金が戻ることや、スロットプレイヤーには超高速でスピンができるのも大きな魅力となっています。

まずは出金する際の限度額や手数料、それから出金手順について紹介してみたいと思います。

ギャンボラからマッチベターで出金 限度額と手数料について

  • 1回あたりの最低出金額 10ドル
  • 1回あたりの最高出金額 1,000ドル
  • 月間の出金上限額  100,000ドル(約1,000万円)
  • 手数料 なし
  • 即反映(出金時と異なり入金は反映が早い)
【マッチベターでもっと大金を出金したい人へ】

ベラジョンならマッチベターで1回に50,000ドル(認証後)も出金できます。

なお、認証とは、本人確認と住所確認ができるもの(免許証など)をスマホ撮影した画像を送ればいいだけです。

認証してない場合でも10,000ドルを出金できるので、いずれにしても1回にギャンボラの10倍~50倍を出金できます。

ベラジョンへのマッチベターでの入金は1回2,500ドルでギャンボラの4分の1ですが、4回入金をすればいいし、大勝ちした時の出金が1回でできるのは最強だと思います。

↓条件をまとめると

(マッチベターの場合)最大入金額/1回最大出金額/1回
ギャンボラ10,000ドル1,000ドル
ベラジョン2,500ドル50,000ドル

個人的には、スロット派の人なら入金額が大きく、超高速スピンに対応しているギャンボラの方が便利だと思います。

ギャンボラはどれだけ少額の出金でもマッチベターなら手数料ゼロ

他のオンラインカジノでよくあるのが50ドル以下の出金をする場合に一律で手数料を5ドルとられるというルールです。

ところがギャンボラの場合には最低出金額の10ドルを出金する場合でも手数料がかからず、ちゃんと10ドルで着金をします。

初心者プレイヤーの場合には数十ドルの入金で遊ぶ人も多いので出金額が50ドル以下になることもあると思いますし、ハイローラーであっても端数を出金するのに手数料を取られるのは嫌な気分ですよね。

いくら出金しようとしてもマッチベターを使えば自分の資金は全額がマッチベター口座に引き出せるのは嬉しいですよね。

ギャンボラからマッチベターで出金する手順

ギャンボラに登録後に、管理画面の上にある「三(ハンバーガーメニューという名称)」をクリックします。

次に「出金」をクリックします。

次は決済手段を先に選択してから金額を入力します。

 

MatchBetterをクリックすれば選択完了となるので、続けてドル単位での金額を入力します。

10ドルから1,000ドルの範囲で数字を入力します。表示されている金額と同額でもよければ金額のボタンをクリックしてもOKですが、それだとうっかり間違えることがあるので私は数字を入力するようにしています。

MatchBetterで出金したい金額を入力したら「出金」のボタンをクリックします。

出金の場合にはMatchBetterのアプリを開く必要がないのでそのまま出金処理が行われます。

ギャンボラの資金欄は即座に減りますがMatchBetterに反映されるまでには1~2営業日かかります。

ひとまず、ギャンボラの管理画面で資金がちゃんと減っていればこれで出金処理は完了となります。

ギャンボラからマッチベターで出金した感想など

ギャンボラからマッチベターで出金をして感じたことは他のオンラインカジノと同じで簡単ということです。

ただし、1回あたりの出金上限額がベラジョンの50分の1とメチャクチャ低いのはどうかなとは思いました。

なので入金の時点で1回に1,000ドルを超える人はベラジョンを利用するのが出金時にはラクだと思います。

それでもギャンボラを選んだ方が良い人は、スロット派の人かな~と。

超高速スピンならいつも他のオンラインカジノでスロットに30分くらい使ってる人なら同じプレイが10分くらいの時間で回せるのでメチャクチャ効率がいいんですよね。

ちなみに、私の友達なんかは昼休憩やトイレ休憩など限られた時間でバンバン回せるようにギャンボラに切り替えてからスロット副業が本業レベルになってます。

やっぱスロットで大きく稼ぐなら回してなんぼですからね。

マッチベターのスピード感と超高速スピンの組み合わせなら今のところ最強なんじゃないかと思ってます。