ギャンボラは賭けるたびに掛け金の一部が戻る仕組みや「なかったコトにキャッシュバック」などお得な特典がいっぱいです。

このページではギャンボラに使える入金手段とそれぞれの入金限度額などについてまとめてみました。

ギャンボラの入金手段 一覧

入金手段反映時間 最低入金額/1回最高入金額/1回
クレカ(VISAカード TSI)即時10ドル1,000ドル
クレカ(VISA&マスターカード)即時10ドル1,000ドル
クレカ(MasterCard)即時10ドル2.000ドル
クレカ(VISAカード PassnGo)即時10ドル2.000ドル
クレカ(VISAカード TSI)即時10ドル1,000ドル
エコペイズ即時10ドル1,000ドル
ヴィーナスポイント即時10ドル2.000ドル
マッチベター即時10ドル1,000ドル
スティックペイ即時10ドル1,000ドル

>>  ギャンボラに登録してボーナスをもらおう

 

※どの手段もギャンボラからの手数料は請求されません。

※ギャンボラでは仮想通貨や銀行入金が使えません。

こうやって見るとクレカで大金を入金するにはMasterCardを使うか、VISAを使うのにPassnGoを選ぶ必要があります。そうすれば最大で1回に2,000ドル(約20万円)を入金できます。

ただし、この上限額を見て全然物足りない・・・と感じる人はパイザカジノのように入金も出金も上限無制限な ハイローラー向けとして有名なところ を利用するのが得策だと言えます。

ギャンボラの入金手段を他のオンカジと比較

ギャンボラは他のオンラインカジノと比較すると1回あたりの入金限度額が低いのがネックと言えます。

また、入金手段に仮想通貨が使えないことと銀行(ネットバンキングなど)から入金できないのもやや不便だと感じます。

そこで、ギャンボラより入金限度額が大きいところと仮想通貨・銀行が使えるところを紹介してみました。

1回の入金限度額がギャンボラより大きなところ

代表的なオンラインカジノのなかからギャンボラの入金額(1回あたり)よりも大きなところをピックアップしてみました。

カジノ名クレカエコペイズアイウォレットヴィーナスポイントマッチベター
ギャンボラ2.000ドル1,000ドル1,000ドル2,000ドル1,000ド
ベラジョン2,500ドル20,000ドル同額10,000ドル10,000ドル
カジノシークレット2,500ドル5,000ドル5,000ドル5,000ドルなし
エンパイア低い5,000ドル5,000ドル5,000ドルなし
インターカジノ5,000ドル同額25,000ドル10,000ドル5,000ドル
パイザカジノ無制限無制限無制限なしなし
ベットティルト同じ5,000ドル5,000ドル5,000ドルなし
チェリーカジノ5,000ドル4,000ドル同額4,000ドル2,000ドル
クイーンカジノ低い5,000ドル5,000ドルなしなし
ネットベット5,000ドル10,000ドルなし10,000ドルなし
10BET2,800ドル50,000ドルなし5,000ドルなし
カジノエックス50万円100万円100万円100万円なし
188BET50万円100万円100万円100万円なし
  • 同額=ギャンボラと同額
  • 低い=ギャンボラより低い
  • なし=決済手段として取り扱ってない

【上限額が最も高額だったところ

クレカパイザカジノ無制限(ギャンボラは2,000ドル)
エコペイズパイザカジノ無制限(ギャンボラは1,000ドル)
アイウォレットパイザカジノ無制限(ギャンボラは1,000ドル)
ヴィーナスポイントベラジョン・インターカジノ・ネットベット10,000ドル(ギャンボラは2,000ドル)
マッチベターベラジョン10,000ドル(ギャンボラは1,000ドル)

初心者なら操作性や日本向けのお得な企画が多いベラジョンを、中~上級者には入金も出金も上限額が無制限のパイザカジノがマッチしていると思います。

ギャンボラでは非対応の入金手段に対応しているところ

ギャンボラはオーソドックスな入金手段は対応していますが「自分が使いたいものがない」という方も入ると思います。

そこで「銀行・仮想通貨・コンビニ払い」が利用できるオンラインカジノについて紹介した過去記事の案内を掲載してみました。

コンビニ払いを利用したい人へ

→ コンビニを使って入出金ができるところ

>>  ギャンボラに登録したい人はこちらをどうぞ

銀行・仮想通貨・コンビニ払いと3タイプありますが、僕が試した経験から言うとコンビニ払いは非常に面倒だし使えるようにわざわざ準備するメリットもほとんど感じられないためおすすめしません。

具体的には、コンビニ払いの前にポイントカップとWafaという2つのサービスに登録し、お金を動かしていく手間がかかります。

それだけ面倒なことをやっても使えるコンビニ払いできるオンラインカジノは1社しかないからです。

さいごに

ギャンボラはクレジットカード払いやオンラインカジノ業界ではメジャーな電子決済サービス3つが使えるのでとくに入金で不便さを感じることはないと思います。

また、クレジットカード払いをカード会社の配慮でエラー扱い(海外への仕払いを止める)にされても、マッチベターを使えばクレジットカード払いで資金を入金できるので安心の環境が整っています。

ただしギャンボラは1回に入金できる金額の上限がどの手段も低いのでどちらかと言うと初心者向けかな?という印象を受けました。

あと、他のオンラインカジノにない魅力として、初回入金のお金が24時間以内に2倍に増やすことができなかった場合に、最高40ドルを戻してくれるという「なかったことボーナス」があります。

例え勝っていても2倍に増えていなければお金が戻ってくるというのはガチガチに保険がかかってるようなものですよね。

得する可能性しかないのでオンカジが初めての人なら損せずにベットする練習ができ、中級者以上なら初回入金額を全額ベットして運試ししてみるのもありかと思います。

>>  ギャンボラに登録してボーナスをもらおう