インターカジノの入金にはVISAカードが使えるようになっていますが、なぜか2つ選べるようになっています。

VISAカードで入金する手順と2つあるVISAのどちらを使えば良いかについても紹介してみました。

【このページで紹介している内容】

  • 2つのVISAの違いについて
  • VISAカードで入金をした手順紹介
  • 入金限度額と手数料

インターカジノの入金にVISAが2種類ある理由

2つのVISAの違いは中間決済サービス会社の違いです。

中間決済サービスとはVISAとインターカジノの間に入っている決済会社のことです。

実はクレカ会社はギャンブルに使われることを嫌うために直接入金するとエラーにされることが多いんです。それを防ぐために中間決済サービスを入れてあるわけです。

中間決済サービスはメンテナンスや突然のサービス撤退で使えなくなることもあるので保険として2つ用意しているというわけです。

なのでどちらを使っても問題はないはずですが、僕の利用した経験からだと上記2つなら上の「VISAだけ」の方が便利な印象がありおすすめです。

※特に利用するカードを変更して番号が変わる場合や、その時によってカードを使いわけたい人には「VISAだけ」の方が断然に処理がラクです。

インターカジノにVISAカードで入金した手順

【補足情報】

  • 三井住友VISAカードを利用しました
  • 中間決済サービスは自動的に利用されるので特別な処理は必要ありません

まずはじめにインターカジノにログインをします。(未登録の方は先に登録を済ませましょう)

>> インターカジノ 登録手順【画像つき】

ログインをしたら画面の上にある「今すぐ入金」のボタンをタッチします。

次はVISAの選択です。

2種類あるVISAのなかで「VISAだけ」の方を選択してください。

※もう1つの「VISA MasterCard」がセットの方は入力フォームがバグってて使えませんでした。(そのうち復旧すると思いますが)

続けて金額やカード情報の入力です。


  • 金額は10ドル~5,000ドルで入力
  • カード番号は数字だけで入力
  • 名前はローマ字(大文字)で入力
  • CVV2は、カードの裏面にある3桁の数字を入力

「入金する」のボタンをタッチするとすぐに画面が切り替わります。

無事に入金ができた場合には上記のような表示となり、管理画面の資金欄にも即反映をしました。

>> インターカジノ 登録手順【画像つき】

【ちなみに】もう1つの「VISA  MasterCard」のロゴがある入金方法は今回はバグってて使えませんでした。(追記:翌日は入金できました。)

安定感いう意味でも上記で手順を紹介した「VISAだけ」の方が無難だと思ってます。手数料や反映時間はどちらも同じですよ。

インターカジノにVISAカードで入金できる限度額と手数料

入金方法最低入金額入金限度額/1回手数料
VISA12ドル5,000ドル2.25%(最大5ドル)

なお、MasterCardの場合は1回の入金限度額が500ドルとなりVISAの10分の1と非常に低い金額となっています。

インターカジノではどのクレカを使っても入金手数料が2.25%(10万円入金なら2,250円)もかかります。手数料を払いたくない方にはVISAの手数料が無料のネットベットカジノがおすすめです。

もしも上記の方法でもVISA入金がエラーになってしまったら「MatchBetter(マッチベター)」を使うことをおすすめします。

インターカジノのVISA入金でエラーになった時の対応策

【スマホアプリを使えばVISAが使える】

>> インターカジノにマッチベターで入金する手順(画像つき)

マッチベターはEウォレットと呼ばれる決済用のスマホアプリになります。マッチベターにクレカで課金(チャージ)を行い、次にマッチベターからインターカジノに送金すればカンタンに入金ができます。

課金(チャージ)はカンタンだしインターカジノへの送金もカンタンです。しかも早いです。

今後はインターカジノに限らずどこのオンラインカジノでもVISAカードなどのクレカで入金することは難しくなってくると思われますが、Eウォレットを活用すれば入出金の両方に1つの手段で対応ができるのでVISA派には最強の手段だと思ってます。

さいごに

インターカジノにVISAカードで入金して思ったことはこういったマニュアル的な記事を見ながらやればカンタンだったな・・・ということです。

自力で調べながら入金を試みたんですが「なぜ2つのVISAがあるんだろう?」という疑問で最初からつまづいてしまったんですよね。

まあ、何も考えずに「VISAだけ」の方を使えばよかったんですが、こういうところのプレイヤーへの説明が足りないのは海外企業らしいなと感じてます。