マルタライセンスを持つオンラインカジノはまず間違いなく信頼できる一流のカジノです。

ただしオンラインカジノには他にも信頼できるライセンスは複数あり、最も取得が厳しいことで知られるマルタライセンスの他にも最近のトレンドになりつつあるキュラソーライセンスなども有名です。

そこで今回はマルタのライセンスを保有しているオンラインカジノの紹介や、2022年頃から多くのカジノがマルタからキュラソーライセンスに変更している理由紹介してみました。

オンカジ兄者オンカジ兄者

ちなみに2022年になってからマルタライセンスのカジノがキュラソーライセンスに変更するブームが起きているぞ。

オンカジ弟者オンカジ弟者

なぜマルタからキュラソーに変更するのか?その理由も紹介してみたよ。

マルタライセンス(Malta Gaming Authority)を保有しているオンラインカジノ

2023年2月現在だとマルタライセンスを保有している大手オンラインカジノは以下のラッキーニッキーとジャックポットシティーのわずか2社となっています。

オンカジ弟者オンカジ弟者

カジノ名をクリックすると詳細記事まで移動するよ。

マルタライセンスのカジノ出金限度額/1回最大ベット額/1回
ラッキーニッキー10,000ドル50,000ドル
ジャックポットシティ無制限5,000ドル
ネットベット(新規受付を終了)100,000ドル15,000ドル
レオベガス(新規受付を終了)50,000ドル(500万円まで)15,000ドル
ギャンボラ(新規受付を終了)25,000ドル10,000ドル
チェリーカジノ(新規受付を終了)10,000ドル50,000ドル
ロイヤルパンダ(新規受付を終了)150,000ドル(1,500万円まで)15,000ドル(150万円)

※実はマルタだと仮想通貨の利用が許可されず、キュラソーなら仮想通貨の利用がOKになるんです。

以前は7社がマルタカジノを持つ日本からプレイできるオンラインカジノでしたが日本人からあまり人気が出なかった4社のカジノが現在では撤退しています。なので貴重な3社というわけです。

マルタライセンスであるかどうかの次に重要なポイントは「1回の出金限度額」や「1回に可能な最大ベット額」だと思います。何を重視するか?はプレイヤーごとに選び方が違ってきます。

オンカジ兄者オンカジ兄者

ジャックポットマシンで遊ぶなら1億円や2億円でも1回で出金できるジャックポットシティがおすすめだ。

オンカジ弟者オンカジ弟者

超ハイローラーならベット額で選んでチェリーかラッキーニッキーの2択だね。

もしもマルタライセンスよりも主流となっているキュラソーライセンスのカジノで日本語でのサポートにも対応しているところを希望される方は日本語対応のオンラインカジノ厳選11社をどうぞ。

ラッキーニッキーカジノ(賭け額の最高額が大きい!)

2023年2月17日 マルタライセンス確認済み

ラッキーニッキーカジノ

  • クレカなら1回あたりの入金に上限額なし(最強)
  • ライセンスや日本での運営歴の長さからも安心
  • 日替わりプロモーションでお得感が大きい
  • ボーナスはもちろんフリ-スピン好きにも最適

>> 今すぐ公式サイトで登録

>>  登録手順の 解説ページ


【利用可能な決済方法】
クレカ(VISA/Mastercard/JCB)/銀行送金/ecoPayz/STICPAY/VenusPoint/Jeton/ASTOPAY/仮想通貨(ビットコイン)

ラッキーニッキーカジノは見た目の印象がアニメキャラを使ってるので他のオンカジのイメージと随分違っています。

でも、登録後に見れる管理画面は意外と硬派なデザインになっています。

実は1回の賭け金がここで紹介した3サービスの中で最も大きくハイローラーと呼ばれる大金を賭ける人にも人気があります。

マカオやラスベガスなど本場のランドカジノで大金を使う人にとって、ここで紹介している3サービスではラッキーニッキーが最も満足できるところになります。

毎日お得な日替わりプロモーションがあるなど、プロモーション数では業界トップクラスです。

ジャックポットシティ

2023年2月17日 マルタライセンス確認済み  ライセンス番号:MGA/B2C/145/2007

ジャックポットシティー

  • クレカ入金できるカジノで唯一の出金上限なし
  • 1600ドルの初回入金ボーナスは業界トップクラス
  • ボーナスと別にロイヤリティーポイントも貯まる
  • 日本人向けのサポートも充実で安心

>> 今すぐ公式サイトで登録

>> 登録手順の 解説ページ


【利用可能な決済方法】
クレカ(VISA/Mastercard)/ecoPayz/MatchBetter/エコバウチャー/アストロペイ/仮想通貨(ビットコイン・イーサリアム・テザー)

ネットベット(サービスが終了しました)

2023年2月17日 マルタライセンス確認済み ライセンス番号MGA/B2C/126/2006

ネットベット

  • スロットもライブゲームも共に充実
  • スポーツベットも楽しめる便利なオンカジ
  • 人気スロットも抜かりのない品揃え
  • 信頼性1位のマルタライセンスで安心
  • 入金ボーナスは最大500ドル

レオベガス

レオベガス

  • レオベガス限定のゲームもあって新鮮
  • ヨーロッパ中心に世界中で人気
  • VIPプログラムで優遇される魅力あり
  • 日本語のサポートも充実で安心

>> 今すぐ公式サイトで登録

>> 登録手順の 解説ページ


【利用可能な決済方法】銀行送金/ecoPayz/MatchBetter/AstroPay

ギャンボラ

新規受付けを終了してます。

ギャンボラカジノ

  • リベート率の高さは業界1位(2022年5月現在)
  • キャッシュバックシステムが超実用的!
  • 日本人スタッフがサポート対応
  • ベットすると賭け額の一部が戻る(ギャンボラプラスが対象)
  • 「なかったコトにキャッシュバック」で初回入金が心強い
  • ラッキーカジノの設立メンバーが作ったため安心感が大きい

>> 今すぐ公式サイトで登録

>> 登録手順の 解説ページ


【利用可能な決済方法】
クレジットカード((Mastercard・JCB)/銀行送金/EcoPayz/iWallet/VenusPoint/STICPAY/

チェリーカジノ(老舗・通信が軽い・ハイローラーも多い)

新規受付けを終了してます。

チェリーカジノは老舗という安心感と新規登録して入金もすれば最大で約1,000ドルのボーナスがもらえる魅力があります。

後は、他のカジノよりも通信が安定しているという魅力もあります。

はじめに紹介しましたように、2020年の1月から以前はマルタライセンスを保有していたベラジョンカジノとインターカジノがキュラソーライセンスに切り替えしました。

近頃はキュラソーライセンスを選ぶオンラインカジノが多いようですが、その背景についても続けて簡単に紹介しておきますね。

ロイヤルパンダ

新規受付けを終了してます。

マルタライセンスからキュラソーなどに変更したカジノ

実はマルタだと仮想通貨の利用が許可されず、キュラソーなら仮想通貨の利用がOKになるんです。

つまりマルタライセンスにこだわるよりも仮想通貨を利用するプレイヤーの確保を優先するためにキュラソーライセンスに変更したわけです。

カジノ名出金限度額/1回最大ベット額/1回
ベラジョンカジノ10,000ドル50,000ドル
インターカジノ10,000ドル50,000ドル
カジノシークレット50,000ドル10,000ドル
オンカジ弟者オンカジ弟者

以下でそれぞれの特長を紹介してみたよ。

ベラジョンカジノ(日本人プレイヤー数が1位の安心感!)

ベラジョンカジノ

  • 日本人登録者数が1位でCMでもお馴染み
  • 登録だけでも3千円分のボーナス
  • 登録後の入金で1,000ドルのボーナス
  • スマホでの遊びやすさもダントツ
  • キュラソーのライセンスで安心
  • 決済方法も豊富で銀行から入出金も人気
  • 24時間365日の日本語サポートも充実

>> 今すぐ公式サイトで登録

>> 登録手順の 解説ページ


【利用可能な決済方法】
クレカ(VISA/Mastercard)/銀行送金/MuchBetter/ecoPayz/Jeton/VenusPoint/仮想通貨(ビットコイン)

インターカジノ

インターカジノ

  • VIPプレイヤーになると海外イベントにも招待
  • 億万長者を目指す上昇志向な大人に人気
  • 1回で最高5万ドルのべットも可能

>> 今すぐ公式サイトで登録

>> 登録手順の 解説ページ


【利用可能な決済方法】
クレカ(VISA/Mastercard/JCB/AMEX)/銀行送金/ecoPayz/Jeton/VegaWallet/MuchBetter/仮想通貨(ビットコイン・イーサリアム・ライトコイン・リップル・ビットコインキャッシュ)

カジノシークレット(ベラジョンと似てる)

カジノシークレット

  • キャッシュバックは最大10万円分
  • 登録で3千円分のキャッシュバック
  • 大手の最新ゲームが充実
  • 日本人気1位を目指している海外のオンカジ
  • 仮想通貨も使えて幅広い決済対応へと進化
  • 初心者ならココかベラジョンの2択

>> 今すぐ公式サイトで登録

>> 登録手順の 解説ページ


【利用可能な決済方法】
クレカ(VISA/Mastercard/JCB/AMEX)/銀行送金/ecoPayz/iWallet/STICPAY/VenusPoint/MuchBetter)仮想通貨(BTC)/コンビニ払い(PIOINT66)

※BTCは過去6ヶ月に入金履歴がある人だけが対象となれます。

(管理人の一言)他社と違いキャッシュバックがあるのが魅力!
キャッシュバックは出金条件がないので他社のボーナスより使い勝手が素晴らしい。

ベラジョンカジノと取り扱いゲームが似ているところを優先するなら、そして初心者・中級者に合うところが良いならカジノシークレットがマッチしています。

特にライブバカラやライブブラックジャックが好きな人にとっては、どこよりも先にライトニングバカラやスピードブラックジャックを導入したことからも最優先で選んで損はないところだと言えます。

これからも最新ゲームが真っ先に導入する可能性が大きいと思います。

カジノシークレットは登録とその後の3回の入金で最大500ドルのキャッシュバックがもらえます。

キャッシュバックはボーナスと違って出金条件もなくて使い勝手が良いので無駄にせずに使い切りやすいですよ。

マルタライセンスからキュラソーライセンスに変更するカジノが増えてる理由

もともとキュラソーのライセンスは人気がありましたが最近になって特にマルタライセンスからキュラソーのライセンスに変えるオンカジサービスが増えています。

その理由は、1回に賭けることができる金額を大きくしたいという狙いや、仮想通貨を使えるようにしたいという狙いがあるからだと言われています。

マルタライセンスは取得困難な代わりに信頼性がピカイチという強みがありますが、信頼性を保持するために、1回の賭け金・入出金の額などがそれほど高額にできないというデメリットがあったんです。

また、マルタライセンスのままでは仮想通貨が使えないという背景も今の時代には大きなネックになると思われます。

最初はビットコインやイーサリアムくらいしか使えなかったオンラインカジノでも2022年以降はカルダノADAも追加したりDOGEコインも追加するなど人気の仮想通貨を使えるように積極的なところが増えてきました。

実際、大きな額を動かせたりビットコインやイーサリアム、それにリップルなどの仮想通貨が使えるオンカジでマルタライセンスのところはありません。

2020年1月にはベラジョンとインターカジノがマルタからキュラソーにライセンスを切り替えしましたが、それは今後の賭け金や入出金額の上限アップと仮想通貨の利用再開を狙ったものじゃないかと噂されていましたが結果的には他社カジノに仮想通貨利用のプレイヤーを奪われないようにするための策だったようにも思えます。

ただし、大事なお金を入金したり、勝利金を出金するにあたっては信頼ができるオンカジでないと不安になりますよね。

そこで今回の記事で紹介したマルタライセンスのオンカジと、以前はマルタライセンスだったカジノを参考に選んでもらえれば安心してプレイができると思います。

※オンラインカジノについては 「オンラインカジノとは?特徴や違法性など事前に知っておくべき情報を解説」の記事も参考にどうぞ。

>> 最初に紹介したカジノシークレットまで戻る

パチスロが遊べるオンラインカジノの紹介バナー