マッチベター(Much Better)が使えるオンラインカジノが急増してきました。

そこで今回は、マッチベターが使えるオンラインカジノの紹介とそれぞれの限度額や手数料について紹介してみました。

まず最初に、マッチベターのメリットを簡単にまとめておきました。

マッチベターの特徴 おさらい
  • アプリで全操作・管理ができる
  • クレカ(VISA・MasterCard・JCB)で入金できる
  • 仮想通貨(Crypto-BTC・ETH・LTC・XRP)で入出金できる
  • アストロペイで入出金できる
  • 従来のe ウォレットよりセキュリティが高い!

ちなみに、僕が最初にマッチベターを使ったきっかけは某カジノにクレカで入金しようとした際にエラーになって困った時でした。その際、登録も簡単だと聞いてたマッチベターをすぐにスマホに入れて利用したところクレカ払いで即入金ができて助かったんです。

それではマッチベターが使えるオンラインカジノの一覧をご覧ください。

マッチベターで入出金できるオンラインカジノ

運営歴・ライセンスなど信頼性の高さ、それに初心者でも利用しやすいか?を基準にピックアップしてありますので、どこを選んでも安心して入金・出金が可能となっています。

  1. ベラジョンカジノ (オンカジが初めての人ならここ
  2. ビットカジノ  (仮想通貨派やハイローラーに人気)
  3. ラッキーカジノ (スポーツベットもできる)
  4. チェリーカジノ (日本参入も早かった老舗の安心感)
  5. インターカジノ (上場企業では運営歴ナンバーワン!)
  6. ラッキーニッキー (他社のスロットに飽きた人に
  7. ギャンボラ  (シンプルゆえにスマホプレイも快適)
  8. まね吉カジノ (日本人のために作られたオンカジ)
  9. レオベガス  (オリジナルのゲームも多い)
  10. ラッキーデイズ (豊富な入金手段と日本円で表示される安心感)

ベラジョンカジノ  日本人プレイヤーの登録が最多で安心感が大きい

オンカジが初めての人ならまずはベラジョンから!と言えるほど安心・安定・定番でありつつ日本向けサービスも充実してます。

ベラジョンカジノに登録する

日本語サポートあり
登録時の本人確認必要
マッチベターでの入出金限度額
  • 入金 10ドル~5,000ドル
  • 出金 10ドル~5,000ドル
ライセンスキュラソー
全決済手段国内銀行振込(入金出金)・クレジットカード(VISA・マスター)・仮想通貨(ビットコイン)・エコペイズ・アイウォレット・マッチベター

ビットカジノ 出金時も本人確認なしで手間いらず

仮想通貨なら入金も出金も上限なしなので本場のカジノ経験者やハイローラーも多くプレイしてます。

ビットカジノに登録する

日本語サポートあり
登録時の本人確認不要
マッチベターでの入出金限度額額
  • 入金 1,000円~1,300,000円
  • 出金 2,500円~2,500,000円
ライセンスキュラソー
全決済手段国内銀行振込(入金 ・ 出金) ・エコペイズ・スティクペイ・ジェットオン・マッチベター

ラッキーカジノ カジノもスポーツベットも楽しみたい人に

カジノもスポーツベットもでできる数少ないオンカジのなかでマッチベターが使える貴重な存在。

ラッキーカジノに登録する

日本語サポートあり
登録時の本人確認必要
マッチベターでの入出金限度額
  • 入金 10ドル~1,000ドル
  • 出金 10ドル~1,000ドル
ライセンスマルタ
全決済手段・クレジットカード(VISA・MasterCard)・エコペイズ・ヴィーナスポイント・アイウォレット・マッチベター

チェリーカジノ 老舗の安心感で選ぶならここ

チェリーカジノに登録する

日本語サポートあり
登録時の本人確認必要
マッチベターでの入出金限度額
  • 入金 10ドル~2,000ドル(手数料2.5%)
  • 出金 10ドル~2,000ドル
ライセンスマルタ
全決済手段国内銀行振込( 出金のみ) ・クレジットカード(VISA・MasterCard)・エコペイズ・ヴィーナスポイント・マッチベター

 

インターカジノ    上場企業が運営するオンカジでは最も長い歴史あり

インターカジノに登録する

日本語サポートあり
登録時の本人確認必要
マッチベターでの入出金限度額
  • 入金 10ドル~10,000ドル
  • 出金 10ドル~50,000ドル(50ドル未満は5ドルの手数料)
ライセンスキュラソー
全決済手段国内銀行振込( 出金のみ) ・クレジットカード(VISA・MasterCard・JCB・アメックス)・仮想通貨(ビットコイン)・エコペイズ・マッチベター・ヴィーナスポイント

ラッキーニッキー  他社にないゲームを独占搭載

他所のオンカジにはないGreen Valley Gamesのゲームを独占搭載してます!

ラッキーニッキーに登録する

日本語サポートあり
登録時の本人確認必要
マッチベターでの入出金限度額
  • 入金 10ドル~5,000ドル
  • 出金 10ドル~5,000ドル
ライセンスマルタ
全決済手段 ・クレジットカード(VISA・MasterCard・JCB)・エコペイズ・ヴィーナスポイント・マッチベター

ギャンボラ    アプリ不要でスマホから快適に遊べる

シンプルなデザインのおかげでスマホでも動作が快適!他社で動作の重さにイラついた人は試してみては?

ギャンボラに登録する

日本語サポートあり
登録時の本人確認必要
マッチベターでの入出金限度額
  • 入金 10ドル~1,000ドル
  • 出金 10ドル~1,000ドル
ライセンスマルタ
全決済手段・クレジットカード(VISA・MasterCard)・エコペイズ・スティクペイ・マッチベター・ヴィーナスポイント

まね吉カジノ   日本人向けに作られサポートも日本人が対応してくれる

オンカジには珍しく海外サービスが日本人向けに作ったもので、サポートも日本人が対応する徹底ぶり。他オンカジのサポートで変な日本語で対応されて不安を感じた人に特におすすめです。

まね吉カジノに登録する

日本語サポートあり
登録時の本人確認必要
マッチベターでの入出金限度額
  • 入金 10ドル~2,000ドル(手数料2.5%)
  • 出金 10ドル~2,000ドル

(いずれも1回あたり)

ライセンスマルタ
全決済手段・クレジットカード(VISA・MasterCard・JCB)・エコペイズ・ヴィーナスポイント・マッチベター

レオベガス

レオベガスだけでしかプレイできないゲームもあるので他社で飽きた中~上級者にはぴったり。

レオベガスに登録する

日本語サポートあり
登録時の本人確認必要
マッチベターでの入出金限度額
  • 入金 1,500円~290,000円
  • 出金 3,000円~2,300,000円

(いずれも1回あたり)

ライセンスマルタ
全決済手段国内銀行振込(出金) ・クレジットカード(VISA・MasterCard)・仮想通貨(ビットコイン・イーサリアム、他もあり)・エコペイズ・ヴィーナスポイント・ジェットオン・スティクペイ・マッチベター・アストロペイ

ラッキーデイズ

新規参入のカジノだけに入出金の手段の多さや日本円での表示など日本向けの気合も感じられます。サポートも充実してます。

ラッキーデイズに登録する

日本語サポートあり
登録時の本人確認必要
マッチベターでの入出金限度額
  • 入金 2,000円~1,000,000円
  • 出金 2,000円~600,000円

(いずれも1回あたり)

ライセンスキュラソー
全決済手段国内銀行振込( 出金のみ) ・クレジットカード(VISA・MasterCard・JCB))・エコペイズ・スティクペイ・マッチベター・アストロペイ・ジェットオン

 

マッチベターで入出金できるメリットとデメリット

マッチベターを使ってオンラインカジノに入出金をすることにはメリットが沢山ですが、当然ながらデメリットもあります。

それぞれを詳しく解説してみました。

マッチベターで入出金することのメリット

メリットはなんと言ってもスマホのアプリを使って簡単に入金ができることです。また出金したお金もアプリで確認もできるのでアプリでの管理は非常に便利です。

しかもアプリは登録やその後の管理・操作も全て日本語に対応しているので海外の決済サービスに求められがちな「慣れ」が必要ありません。

僕も初めてマッチベターに登録した時は、直前までは「面倒だろうな」と思っていたんですがいざ登録や入金をやってみたら意外なほどに簡単でした。

また、上記でも紹介しましたようにマッチベターに対応しているオンラインカジノが増えているので資金を入れた後にこまることもありません。

利用できるクレジットカード会社もVISA・JCB・MasterCardが利用でき手数料も0円となっています。

近頃はクレジットカードで直接に入金をしてもエラーになるオンラインカジノが増えているので、間にこのマッチベターを挟むことで簡単に入金エラーに対処することができるのも大きなメリットと言えそうです。

マッチベターで入出金することのデメリット

マッチベターで入出金をすることで発生するデメリットはオンラインカジノに入金をする場合には、ほんの少しだけですが1手間かかることです。

入金をする時に目的が「ゲーミング(オンラインカジノ)かゲーミング以外か」を選ぶことになりますが、この時、オンラインカジノへの入金だからといって選択項目に書かれてる説明に従って「ゲーミング」を選んでしまうとクレジットカードで課金(マッチベターにチャージ)してもエラーになるんです。

なので、マッチベターの指示は無視して、「ゲーミング以外(オンラインカジノ以外)」にひとまず課金をし、その後に続けて「ゲーミング」に資金を振替する必要があるんです。

この作業のことを「ピアツーピアする」と言うらしいんですが、そんな細かいことはどうでもよくて、とりあえずゲーミング以外に課金してからゲーミングに資金を振替すればいいだけです。

当然、こんなひと手間がないほうが良いに決まってますから、これこそがマッチベターを使う時のデメリットと言えます。