オンラインカジノの入金方法

オンラインカジノは複数の入金手段がありますがそれぞれ1回あたりの入金限度額の大きさが違っていたりカジノに入金されるまでの手間も異なります。

【オンラインカジノで使える入金方法】

クレカ(VISA・Mastercard・JCB・AMEX・Dinersなど)・銀行送金・仮想通貨(ビットコインなど)・Eウォレット(Payz/VegaWallet/iWallet/STICPAY/TIGERPAY/MuchBetter/Jeton/コンビニ)

このページでは全ての入金方法について特徴や利用するメリット・デメリットをまとめてみました。

さらに入金できない時の原因と対処方法も紹介していますのでこれで迷わず入金プレイを楽しんでただけると思います。

※当サイトはオンラインカジノを含む賭博行為が禁止されていない国にお住まいの方に向けての情報です。

オンラインカジノ入金の仕組み

オンラインカジノ入金の仕組み

オンラインカジノに入金をするにはカジノの入金ページで決済手段を選び、その決済手段ごとに指示された送金先に入金をする仕組みです。

クレカだけはカジノの入金ページでカード番号や有効期限などを入力すればその場で入金ができますがクレカ以外はひとまず利用する決済サービスにログインをしてそちらから入金をする必要があります。

ただし、実際にはクレカと銀行送金の場合にはカジノと決済手段の間に中間決済サービスが挟まれています。

中間決済サービスは自動的に裏側で働いているため何かする必要はありません。

なぜクレカと銀行送金による入金だと中間決済サービスが挟まれているかと言うとクレカで直接にカジノに入金をするとエラーになりがちだったからです。

そして銀行送金を使った入金に中間決済サービスが挟まれている理由は海外カジノに国際送金をしなくても済むように日本国内に銀行口座を持つサービスを挟むことで国内間の入金となり振込み手数料を抑えてくれている役割りがあるんです。

オンカジ兄者オンカジ兄者

中間決済サービスについては特に知っておかなくても問題ないぞ。

オンカジ弟者オンカジ弟者

プレイヤーはカジノへ直接は入金していなくて常に中間決済サービスの口座に入金しているんだよ。カジノ遊びの違法性とか気にする人には心強い仕組みだね。

オンラインカジノの入金方法(それぞれの特徴も)

オンラインカジノの入金方法

    入金方法かんたんな特徴
    クレジットカードVISA・Mastercard・JCB・AMEX・Dinersなど
    銀行送金国内銀行の口座に送金する
    仮想通貨仮想通貨サービスの自分の口座から送金
    Payz(ペイズ)日本人プレイヤーが最も多く利用しているEウォレット
    VegaWallet(ベガウォレット)本人確認が不要で使えるEウォレット
    iWallet(アイウォレット)マイナーなEウォレット
    STICPAY(スティックペイ)ややマイナーなEウォレット
    TIGERPAY(タイガーペイ)かなりマイナーなEウォレット
    MuchBetter(マッチベター)かなりマイナーなEウォレット
    Jeton(ジェットオン)かなりマイナーなEウォレット
    コンビニ入金対応カジノが1社ほどで手間もかかる
    オンカジ兄者オンカジ兄者

    入金方法でメジャーなのはクレカ・銀行送金・仮想通貨・ペイズの3つだぞ。

    オンカジ弟者オンカジ弟者

    その他のEウォレットは例えばクレカ入金がエラーになるカジノに対処するためSTICPAYをクレカチャージして入金に使うような中級者以上の使い方になるよ。

    ちなみにコンビニ入金はいきなりコンビニから入金できるものではなくて先にウェブ上の決済サービスに登録してそこを通して事前にやる作業が沢山あるため個人的には非推奨にしています。

    私自身、コンビニ入金をしたことが3回ほどありますがもうやりたくありません。それくらい面倒で大変でした。

    オンラインカジノの入金にかかる手数料

    オンラインカジノの入金にかかる手数料

    オンラインカジノに入金にクレジットカードを利用する場合は多くのカジノで2.25%(最大5ドル)の手数料が発生します。

    それ以外の入金方法だとカジノ側での手数料は発生しませんが仮想通貨やEウォレットの残高をチャージする時点で入金手数料が発生したり、銀行送金の場合には通常の国内送金の手数料が発生するので必ずしもクレジットカードが損というわけでもありません。

    それと入金するカジノが日本円対応のカジノでなければ入金をする時に日本円からUDドルになるための為替手数料も自動的に発生します。

    もちろん銀行送金やクレジットカードで日本円対応のカジノに入金する時は為替手数料はかからずお得です。

    オンカジ弟者オンカジ弟者

    多くのカジノでは1回の出金額が50ドル未満の場合に一律で5ドルの手数料が発生しがちだけど入金はそんなルールはないので安心だよ。

    オンラインカジノの入金方法ごとのメリット・デメリット

    オンカジ兄者オンカジ兄者

    メジャーなクレカ・銀行・仮想通貨からペイズをはじめとした各種Eウォレットそして非推奨なコンビニ入金までそれぞれのメリットとデメリットを紹介するぞ。

    オンラインカジノの入金方法ごとのメリット・デメリット

    オンカジ弟者オンカジ弟者

    最初に知って安心してほしいことは、どの入金方法を使っても入金先は中間決済サービス会社になるってことだよ。つまりカジノにお金を使った形跡は残らないから例えば公務員でも安心して遊べるってことだよ。

    クレジットカード

    オンラインカジノの入金方法ごとのメリット・デメリット クレジットカード

    メリットデメリット
    • 誰でも手軽に使えて便利
    • 翌月払いで遊べるから金欠時にも強い
    • 複数枚あればそれだけ高額入金ができる
    • カジノ入金でポイント(マイル)が貯まる
    • クレカ入金はまれにエラーになることがある
    • カジノによってVISAのみ対応など対応が異なる
    • 為替手数料が発生する(日本円対応カジノなら無料)
    • カジノから出金する時はクレカ以外を使う必要がある

    ⇛ クレジットカードが使えるオンラインカジノ一覧を見る

    銀行送金

    オンラインカジノの入金方法ごとのメリット・デメリット 銀行送金

    メリットデメリット
    • 日頃使ってる銀行口座から入金できる
    • 国内銀行の口座に向けて入金すればいいのでカンタン
    • ネットバンキングを使えば24時間いつでも入金できる
    • カジノ入金が確実に成功する
    • 銀行によって入金反映までの時間が変わる
    • まれにカジノ入金できない銀行がある
    • ネットバンキングでしか入金できないカジノもある

    ⇛ 銀行送金(銀行振込)が使えるオンラインカジノ一覧を見る

    仮想通貨(ビットコインなど約10通貨)

    オンラインカジノの入金方法ごとのメリット・デメリット 仮想通貨

    メリットデメリット
    • 入金手数料が安い
    • カジノ入金後の反映が爆速
    • 秘匿性が高いので誰にも使い道がバレない
    • 仮想通貨でプレイできるカジノは多い
    • 仮想通貨のままプレイできるカジノもある
    • 円やドルに比べて変動が激しい
    • 仮想通貨サービスで口座を保有する必要がある

    ⇛ 仮想通貨が使えるオンラインカジノ一覧を見る

    Eウォレット

    オンラインカジノの入金方法ごとのメリット・デメリット Eウォレット

    Eウォレットとは電子決済サービスのことでクレカや銀行送金でチャージして使うものです。

    大手カジノが対応しているのは主に以下の7サービスで利用者が最も多く信頼性が高いのはPayzです。

    ⇛ Payz(ペイズ)の特徴
    ⇛ VegaWallet(ベガウォレット)の特徴
    ⇛ iWallet(アイウォレット)の特徴
    ⇛ STICPAY(スティックペイ)の特徴
    ⇛ TIGERPAY(タイガーペイ)の特徴
    ⇛ MuchBetter(マッチベター)の特徴
    ⇛ Jeton(ジェットオン)の特徴

    ※上記の名称をタップするとページ内の記事にスクロールします。

    Payz(ペイズ)【銀行送金でチャージするならイチオシのEウォレット】

    オンラインカジノの入金方法ごとのメリット・デメリット ペイズ

    メリットデメリット
    • ほぼ全ていのカジノで入金に使える
    • 銀行送金でチャージできる
    • Eウォレットのなかでは信頼性1位
    • 日本人の利用率もEウォレットでは1位
    • 日本語サポートがあり安心
    • チャージする際に為替手数料が発生する
    • USドルかEURでしか保管できない

    Eウォレットで最もメジャーなのがペイズですがもともとエコペイズというサービスが長年運営してきたものがリニューアルしてペイズになったものです。

    クレカでチャージができず銀行送金のみでチャージできるのが特徴で一見すると不便に思われるかもしれませんが入出金できる金額が他のEウォレットと比べて桁違いに大きいため高額プレイヤーから人気です。

    ⇛ Payz(ペイズ)が使えるオンラインカジノを見る

    VegaWallet(ベガウォレット)

    オンラインカジノの入金方法ごとのメリット・デメリット ベガウォレット

    メリットデメリット
    • 送金スピードが速い
    • 銀行送金でチャージできる
    • ベガの日に抽選で当たるとポイント500倍をもらえる
    • 利用に応じてポイントが獲得できる
    • 50ドル以上でないと出金(換金)できない
    • 会社情報が非公開なのが心配
    • ペイズほどの運営実績がない

    ベガウォレットは1ドルが1ポイントと扱われ入金したお金はポイントで管理されるEウォレットサービスです。

    口座開設から入金(チャージ)・カジノに入金・カジノから出金受取、口座の維持などいずれも手数料無料で利用できるので安心です。

    ただし土日祝に換金(現金化)する場合は900ポイント毎に2.9ポイントの手数料を取られるので平日に出金申請することをおすすめします。

    ⇛ VegaWallet(ベガウォレット)が使えるオンラインカジノ

    iWallet(アイウォレット) 【Payzの次に使えるカジノが多い印象】

    オンラインカジノの入金方法ごとのメリット・デメリット iWallet

    メリットデメリット
    • チャージ方法が豊富
    • クレカ/銀行送金/仮想通貨でチャージできる
    • 日本語対応サポートが24時間使える
    • 使えるカジノがそこそこある
    • カジノ以外では使えない
    • 180日間以上の口座利用なしで「口座維持費」が発生する

    2013年から運営されている歴史あるEウォレットで香港政府が発行する金融系ライセンス(Money Service Operator 【MSO) 】NO.14-03-01380)も保有しているので安心感が大きい。

    出金額が8,000香港ドル(1香港ドル=17.73円なら141,840円)に達した後は本人確認を終えないと出金ができなくなりますが会社がしっかりしているので問題はないと感じてます。

    また、180日以上の利用がなければ年間20ドルの口座維持手数料を取られますが残高がない口座からは1円もお金は取られません。

    ⇛ iWallet(アイウォレット)が使えるオンラインカジノ

    STICPAY(スティックペイ)

    オンラインカジノの入金方法ごとのメリット・デメリット STICPAY

    メリットデメリット
    • 日本語サポートが24時間体制でしっかりしている
    • カジノ以外にも海外FXの入金にも使える
    • クレカでチャージできる
    • STICPAYカードが廃止され海外でカード出金できなくなった
    • クレカチャージ手数料は最大3.85%も発生する

    2017年からの運営なので歴史は浅いですがイギリスFCAライセンスを取得しているため個人情報や資金管理などのセキュリティー面の心配がないのが強みです。

    もともとは2019年まで発行されていたSTICPAYカードが最大の魅力でして、そのカードを海外旅行先で使えば手数料1%という安さでUSドル出金できていたのが好評だったんです。

    ところが2023年現在ではカードは廃止されており出金は国内でしか行えず銀行手数料も2%+800円かかるようになっています。

    ⇛ STICPAY(スティックペイ)が使えるオンラインカジノ

    TIGERPAY(タイガーペイ)

    オンラインカジノの入金方法ごとのメリット・デメリット TIGERPAY

    メリットデメリット
    • 国内銀行に入金してチャージできる
    • 円・ドル・ユーロ・仮想通貨に対応している
    • 両替機能もあるので複数通貨で使いやすい
    • 大手カジノはBONSとコニベットだけしか使えない
    • クレカチャージができない
    • 銀行送金のチャージは手数料が5%かかる

    2021年からスタートしたまだ新しいEウォレットですが運営に日系企業もタッチしてるため日本人プレイヤーを意識している頼もしいサービスですが使えるカジノが極めて少ないうえに入金も出金も手数料が大きいことから現状だと魅力は薄いです。

    ⇛ TIGERPAY(タイガーペイ)が使えるオンラインカジノ

    MuchBetter(マッチベター)

    オンラインカジノの入金方法ごとのメリット・デメリット MuchBetter

    メリットデメリット
    • クレカでチャージできる
    • 銀行送金でチャージできる(手数料無料)
    • 仮想通貨(ビットコインとアストロペイ)でチャージできる
    • 操作は全てアプリで完結できるので使いやすい
    • クレカでチャージすると手数料が最大5%かかる
    • 仮想通貨でチャージすると手数料が最大7%かかる

    2018年にロンドンで誕生したスマホアプリで利用するEウォレットサービスでヨーロッパで人気が高いEウォレットとしても知られてます。

    日本語対応になったのは2020年1月ということもありすでに多くの日本人プレイヤーが利用しています。

    チャージ方法がクレカ・銀行送金・仮想通貨(ビットコイン・アストロペイ)と他社Eウォレットよりも充実していますが、手数料無料なのは銀行送金によるチャージだけで、クレカでチャージすると0~5%、仮想通貨だと2~7%かかるのが難点です。

    強みは複数のチャージ方法と不正なトランザクションを即検・ブロックする安全性の高さです。

    イギリスのサッカーチーム「ウェストハム・ユナイテッドFC」の公式サポーターもしているので社会的な信頼性が高いことと豊富な資金力があることが伺えます。

    ⇛ MuchBetter(マッチベター)が使えるオンラインカジノ

    Jeton(ジェットオン)

    オンラインカジノの入金方法ごとのメリット・デメリット Jeton(ジェットオン)

    メリットデメリット
    • クレカでチャージできる
    • 銀行送金でチャージできる(手数料無料)
    • 仮想通貨(ビットコインとアストロペイ)でチャージできる
    • 操作は全てアプリで完結できるので使いやすい
    • ビットコイン・USDコイン・ドージ・ライト・テザーに対応
    • チャージに使える銀行が29銀行に限られる
    • クレカでチャージすると手数料3%発生
    • 日本語表示だけど日本語レベルに少し難ありかも

    ⇛ Jeton(ジェットオン)が使えるオンラインカジノ

    【ジェットオンのチャージ限度額】

    チャージ方法1回あたりの最大チャージ額
    銀行送金1,300,000円
    仮想通貨€250,000相当(約3,600万円)
    クレジットカード14,000円

    コンビニ

    オンラインカジノの入金方法ごとのメリット・デメリット コンビニ入金

    コンビニから特定のオンラインカジノに入金はできますが実際には事前にネット上の決済サービスを利用して数多くの複雑な入金手続きが必要となります。

    【コンビニ入金の手順】

    1. ネット上の決済サービスに登録する
    2. 決済サービスにログインする
    3. 決済サービスで複雑な入金申請をする
    4. コンビニの発券機で入力をする
    5. 発券機から払込み用紙が出る
    6. 払込み用紙をレジに渡して現金払いする
    7. 決済サービスにチャージされる
    8. 決済サービスからカジノに送金する
    9. カジノで着金を確認する
    オンカジ兄者オンカジ兄者

    毎回2~9の手順をこなすのは面倒過ぎてワシには無理だ。

      メリットデメリット
      • クレカや銀行口座が使えなくても入金できる
      • うんざりする程の手間がかかる
      • 入金できるカジノが1~2社しかない
      • 対応カジノがなくなるリスクもある
      • 利用してる日本人がほとんどいない

      ⇛ コンビニから入金できるオンラインカジノ

      オンラインカジノに入金する時の10個の注意点

      オンラインカジノに入金する時の10個の注意点

      1. カジノ登録名義と同一名義で入金すること
      2. 金額の入力時に半角と全角を間違えないこと
      3. 入金限度額の範囲で入金する(下限と上限がある)
      4. クレカ入金はまれに入金エラーになる
      5. エラーになってもすぐにやり直さないこと
      6. Eウォレットや仮想通貨による入金は先にそちらの登録・チャージをしておく
      7. クレカ入金した場合は出金時には異なる決済手段を使う必要がある
      8. カジノに間違えて入金しても1倍分の賭けをするまで出金できない
      9. 無駄な手数料を抑えるなら日本円対応のカジノを選ぶこと
      10. 入金に使える決済手段は変わりやすい

      カジノ登録名義と同一名義で入金すること

      オンラインカジノに登録をした名前と入金をする人の名前は一致していないとエラーになるので入金ができません。

      まれに家族のクレジットカードや銀行口座を使おうとするプレイヤーもいますがもちろん入金はできません。

      これもマネーロンダリング防止の一環だと思われます。

      オンカジ兄者オンカジ兄者

      カジノ登録をした後に結婚して苗字が変わりクレカや銀行の名義も変わってしまった場合はそれをライブチャットで相談すれば対処方法を教えてくれるぞ。

      金額の入力時に半角と全角を間違えないこと

      入金額の入力をする際に半角でないといけないカジノもあれば全角でないといけないカジノもあります。基本的には半角入力のカジノが多いと思いますが金額以外は絶対に間違えていない場合は数字の入力を半角と全角で変えて試してみてください。

      入金限度額の範囲で入金する(下限と上限がある)

      入金できる金額には下限額は必ず決まっていて上限額もほとんどのカジノで決まっています。

      高額プレイヤー向けのエルドアカジノなどでは1回あたりの入金上限額が無制限というところもありますがほとんどのカジノは1回あたりの入金現金額が決まっているのでそれを超えないように注意が必要です。

      下限も上限も入金ページに記載されていることが多いですがまれに上限額について記載がないカジノもあるので高額入金されたい方はサポートに確認してみてください。

      クレカ入金はまれにエラーになる

      クレジットカード入金はまれにエラーとなり入金に失敗することがあります。

      利用するカジノによってはエラーになりやすいところもあるのでクレジットカード入金ができない時はクレジットカードでチャージできるSTICPAYを使って入金するか、銀行送金など他手段を使うのが無難です。

      なぜクレジットカード入金がエラーになりやすいかと言いますとクレジット会社がギャンブルに使われることを好ましく思っていないからです。

      なので入金処理の途中でギャンブル関係の入力先だと判断されたらエラー処理にするようプログラミングされていると思われます。

      エラーになってもすぐにやり直さないこと

      入金に失敗してエラー表示が出た時はすぐに続けて入金をやり直さない方がいいです。

      私の体験からだとエラーになっても実は入金に成功していることが多々あるからです。

      まず入金エラーになったら3分後くらいに資金欄に反映されていないか確認をしてみてください。

      もしそれで入金額が反映されていなければ続けて入金すればいいだけですが、もし反映されているのを確認せず続けて入金してしまうと入金を2回続けて行うことになるので思ってもみなかった入金額になってしまいます。

      資金が豊富で気にされない方は問題ありませんが限られた資金で遊んでいる方にとっては辛いですよね。

      Eウォレットや仮想通貨による入金は先にそちらの登録・チャージをしておく

      ペイズやSTICPAYなどのEウォレットや仮想通貨を使ってカジノに入金するには先にそれらの口座にチャージをしておく必要があります。

      例えるなら銀行送金を使うなら先に銀行口座を作りその口座に入金して残高を作っておくことと同じです。

      ここで銀行口座と違ってくるのはチャージするのに数時間から1日の反映時間がかかるところです。

      とくに仮想通貨をこれから用意する場合には仮想通貨サービスに入金した後にビットコインなど希望の仮想通貨を購入する手間もかかるので事前にチャージをしてからカジノ登録をするくらいがベストかもしれません。

      クレカ入金した場合は出金時には異なる決済手段を使う必要がある

      どこのカジノも原則として入金した決済手段と出金に使う決済手段は同じものを使うルールがあります。

      この例外は1つでクレジットカード入金した人だけは出金に銀行送金などを選ぶことができます。

      単純にクレジットカードは支払い専用の手段でお金の受取りに使えないためです。

      また、カジノによってはクレカ入金後の出金は銀行送金しか選べないところもあれば自由に何でも選べるカジノもあります。

      カジノに間違えて入金しても1倍分の賭けをするまで出金できない

      カジノに入金する際に金額を間違えて高額入金してしまう方もまれにいます。

      この時「間違えて入金したから返金してほしい」と相談してもまず無理です。それが許されるならマネーロンダリング目的の人に嘘をつかれて利用される可能性があるからです。

      なので一度入金したお金はその金額と同額分に達するまでの賭けを行うまで出金ができません。

      例えば1,000ドルの入金をした場合は1回1ドルの賭けなら1,000回行う必要があり1回100ドルの賭けをするなら10回で出金条件を満たせることになります。

      無駄な手数料を抑えるなら日本円対応のカジノを選ぶこと

      オンラインカジノのプレイ資金は多くの場合はUSドルです。なので銀行送金やクレカなどで日本円を使って入金した場合には着金と同時にUDドルに変わります。

      ここで注目なのはUSドルに変わって入金されるタイミングで少額ではありますが為替手数料を取られるということです。

      為替手数料は1%ほどですが塵も積もれば山となるわけでもったいないです。

      なので日本人プレイヤーの場合は為替手数料を抑えるために日本円で入金プレイができるオンラインカジノ(エルドアカジノや遊雅堂など)を選ぶ人も多いです。

      入金に使える決済手段は変わりやすい

      オンラインカジノの入金に使える決済手段は大まかに10種類ほどありますがオンラインカジノによって対応ラインナップが異なります。

      例えばクレジットカード入金に対応しているカジノでもVISAとMastercardやJCBが使えるとこもあればVISAしか使えないカジノもあります。これは仮想通貨やEウォレットでも同じ傾向があります。

      ここで厄介なのがオンラインカジノが対応している入金手段は数ヶ月には非対応になっていることも珍しくないというところです。

      銀行送金やペイズやビットコインのような超メジャーな決済手段(通貨)ならまず安心ですがTIGER PAYやiWalletのようなマイナー手段はいつ入金手段から外れても不思議ではりません。

      ただ、入金手段から外れても過去に入金した分については出金できるように配慮がされるので出せなくて困ることはありません。

      関連記事 ⇛ オンラインカジノ出金方法 一覧

      オンラインカジノに入金する方法(手順)

       

      1. カジノで入金ページを開く
      2. 入金ページで決済手段を選ぶ
      3. 入金額を入力する
      4. 「入金する」等のボタンをタップ
      5. カジノで着金を確認する

      どのカジノも基本的には上記の手順です。

      日本人の登録者数1位のオンラインカジノの入金手順を紹介

      日本人登録者数が1位のベラジョンカジノで入金する手順を紹介してみました。

      オンラインカジノに入金できない8つの事例と対処方法

      オンラインカジノに入金できない8つの事例と対処方法

      1. 入金に利用している銀行が休日で対応していない
      2. 入金する人の名義とカジノ登録名義が異なる
      3. カジノまたは選んだ入金手段がメンテナンス中
      4. 入金限度額の下限額未満か上限額超で入金しようとしている
      5. 利用している決済手段の残高不足
      6. クレカで1ヶ月の利用限度額に達した
      7. 前月分のクレカの引き落としができず利用停止になっている
      8. 入金したはずのお金がカジノで見つからない

      入金に利用している銀行が休日で対応していない

      銀行送金を使ってカジノに入金する時はその銀行が土日や祝日でも入金処理に対応しているか確認が必要です。

      通常は入金申請はできても銀行の営業日でないと入金処理は進まないのでカジノに着金するのが翌日や3日後になることもあります。

      例えば金曜日の夕方に銀行送金を使って入金申請をしたら金・土・日は送金されず月曜日の午前中にカジノに入金されるといった具合です。(利用する銀行によって異なります。)

      利用する銀行の公式サイトで入金についての情報を確認しておくと週末や連休前に計画的な入金ができるようになるので絶対に把握しておきたいところです。

      入金する人の名義とカジノ登録名義が異なる

      カジノに登録しているのが自分の名前だとしたら家族のクレカや銀行口座を利用して入金しようとしてもエラーになります。

      登録したプレイヤーの名義と入金口座の名義そして出金先の口座名義はすべて同一人物でないとだめです。

      どうしても家族などからお金を借りてプレイしたい時はいったん自分の決済口座に借りたお金を入れて自分の口座から入金をする必要があります。

      カジノまたは選んだ入金手段がメンテナンス中

      入金に利用した決済手段が使えないことがありますがそれは多くの場合はカジノ側でその決済手段についてメンテナンス中です。

      公式サイトでメンテナンス中の情報が公開されていますが私の体験からだと肝心の入金ページにメンテナンス情報が記載されていないので気づくのが遅くなりがちです。

      決済手段のメンテナンスでもカジノ側のメンテナンスでもいずれの場合も登録しているメールにメンテナンス情報は届いているのでメールの検索機能で「メンテナンス」と検索してみても確認できますよ。

      入金限度額の下限額未満か上限額超で入金しようとしている

      1回あたりの入金には下限額と上限額が決められています。(たまに上限額がないカジノもありますが)

      そしてカジノによっては1日の限度額と1週間の限度額と1ヶ月の限度額と3つの限度額を構えているところもあるのでご自身が利用しているカジノの入金限度額については1回は目を通しておく必要があります。

      ちなみにほとんどのカジノは1回あたりの入金限度額しかありません。

      利用している決済手段の残高不足

      チャージが必要な決済手段で残高があると当然ですが入金できません。ここで問題になりやすいのは何かしら勘違いをして残高があると思いこんでいるケースです。

      「残高はあるはずだから入金できない理由が分からない」と確認しないままで何度も入金を試みる人がわりと多いようです。

      銀行送金・仮想通貨・Eウォレットなどチャージが必要な決済手段は念のために残高チェックをしてみてください。

      クレカで1ヶ月の利用限度額に達した

      通常は誰しも1枚のクレジットカードには1ヶ月あたりの利用限度額があります。

      限度額は人により異なりますがだいたいは100万円というきりの良い額が設定されています。

      限度額が低い場合はクレジットカード1枚で70万円などのケースもありますす限度額が高い場合は300万円ほど使えるものもあります。

      もしも限度額に達した場合には別のクレジットカードを使えばOKです。手持ちの全カードで限度額まで使ってしまったら締め日を迎えるまで待つ必要があります。

      ちなみに私が知る限りでは1ヶ月あたりの限度額がないのはカードはAMEXのセンチュリオンカード(ブラックカード)だけだと思います。年会費40万円近い超セレブ用カードです。

      前月分のクレカの引き落としができず利用停止になっている

      クレカの引き落とし口座が残高不足だった場合にはその引き落とし日から2~3日後にはカードの利用が停止されるのが一般的です。(まれに1週間後でも使えるカードもあるそうですが)

      しかも利用停止は午後から処理されることもあるので午前中にカード払いできていたものが午後に使えなくなることもあるので引き落としの不履行に気づくことが難しいです。

      引き落とし不履行によるカード利用停止に気づかないまま入金を何度も試すのはよくある話です。もしクレジットカードが使えなくなったらすぐに引き落としができていたか確認をしてください。

      入金したはずのお金がカジノで見つからない

      オンラインカジノのなかには入金する時にどのソフトウェア会社の口座に入れるか選択が必要なところがあります。

      ソフトウェア会社とはカジノにゲームを提供しているゲーム会社のことで、なぜかゲーム会社ごとに資金欄が分かれているところがあるんです。(エルドアやワンダーなど)

      その場合、ソフトウェア会社間(ゲーム会社間)で資金移動がカンタンにできるので資金を動かすことはカンタンですがソフトウェアごとに資金欄が分かれていることを知らないと「入金したお金がない」と困惑することになります。

      ちなみに、ほとんどのカジノは資金欄が全ゲームで共通しているため資金欄は1つしかなくとてもシンプルです。

      オンラインカジノの入金方法 まとめ

      • 入金方法はクレカ・銀行送金・仮想通貨・Eウォレットがある
      • クレカはVISA・Mastercard・JCB・AMEX・Diners・Discoverがある
      • 銀行送金は決済代理会社の国内口座に入金するので入金手数料が安い
      • 仮想通貨はビットコインを中心に多いところでも7通貨ほど
      • EウォレットはPayz/VegaWallet/iWallet/STICPAY/TIGERPAY/MuchBetter/Jetonがある
      • コンビニ入金もあるけどめちゃくちゃ手間がかかるので個人的に非推奨
      • 対応している入金方法はカジノにより異なる
      • 入金限度額の下限・上限はカジノにより異なる
      • 入金した決済手段と同一手段で出金しないといけない(クレカ入金のみ例外)
      • カジノに一度入金したお金は同額分の賭けをするまで出金できない
      【入金方法と合わせて読みたい関連記事】

      ここまで入金方法について紹介してきましたが出金について不安がある方はオンラインカジノの出金方法一覧についての記事もご覧ください。

      パチスロが遊べるオンラインカジノの紹介バナー