ベラジョンカジノで使えるクレジットカードは限られています。また、使えるカードであっても高確率で決済が正常に完了できるものと、途中で入金処理を止められやすいものなどがあります。

そこで今回は、ファイナンシャルプランナーでもある僕が、ベラジョンカジノで本当に使えるクレジットカードについて徹底紹介します。

ベラジョンカジノで使えるクレジットカード(基本)

ベラジョンカジノで使えるクレジットカードは公式サイトでも紹介されていますが、VISAカードとマスターカードの2種類となっています。

なのでJCBカードやアメックスやダイナースクラブなども利用はできません。

※ ただし、JCBカードはラッキーニッキーカジノでなら利用が可能です。

ちなみに、公式サイトでは「VISAカードとマスターカード」が堂々と紹介をされていますが、これはあくまでも基本情報です!

というのも、僕の体験上でもVISAカードは場合によってはVISA側の判断で入金処理をかけた後に気づいたら処理を止められていてベラジョンカジノに入金ができてないことがあるからです。

これはVISAカードが会社のイメージのために、オンラインカジノなどのギャンブル目的での利用を避けたい狙いがあるからです。

※もしも入金処理を勝手に止められたとしてもそのクレジットカードそのものは利用することができるので日常生活の支払い等で困る心配はありませんよ。

VISAカードもマスターカードも無難なのは非銀行系です

クレジットカードには三井住友銀行VISAカードのような俗に言う「銀行系」のものがあります。

ベラジョンカジノなどのギャンブル目的での支払いにはこのような銀行系のカードは避けた方が無難です。

銀行系という名のイメージ通り、固い運営方針を持っているために支払い先が銀行系にふさわしい相手かどうかも厳しくチェックされていると言われているからです。

この他にも、申し込み審査が厳しいと言われているクレジットカードは避けるのもスムーズに入金処理を完結させるためのコツと言えます。

ベラジョンカジノで高確率で使えるクレジットカードはマスターカード

ベラジョンカジノへの入金に高確率で使えるクレジットカードはマスターカードになります。

マスターカードはここ数年の間、ベラジョンカジノで利用ができなくなっていましたが最近復活をしたんです!

そして、ただ復活をしただけでなくてマスターカードはKWICK GO(クイックゴー)という決済手段を従えて戻ってきたんです。

このKWICK GO(クイックゴー)という決済手段をマスターカードとベラジョンカジノの間に挟む仕組みになり、クレジットカード会社がギャンブル目的の支払いを直接しないスタイルになるために確かな入金処理を可能にしたんです。

VISAカードもやがてはKWICK GO(クイックゴー)を使うかもしれませんが、今現在ではマスターカードの方が決済できる確率が高いと言えます。

ベラジョンカジノでクレジットカード入金を諦めるなら

ベラジョンカジノでクレジットカード入金を諦めるなら、他の入金方法のエコペイズかアイウォレットかヴィーナスポイントを利用するしかありません。

これらは電子決済と呼ばれる方法になりますが、得にコダワリがなければエコペイズを利用するのが無難だと思います。

エコペイズなら入金も出金も両方使えますし、他のオンラインカジノでもほぼ全てでエコペイズは利用できるからです。

エコペイズ(EcoPayz)という電子決済サービスには多くのオンラインカジノで入金にも出金にも両方使えるなど様々なメリットがあります。今回はエコペイズの運営元の情報やエコペイズの登録の流れを解説してみました。エコペイズ(EcoPayz)の概要エコペイズの運営元...
エコペイズに入金する方法は複数あります。国内銀行から送金(入金)ができます。そこで今回はエコペイズに国内銀行から入金する際の具体的な流れ・手順・手数料、更には銀行入金より手数料がお得な仮想通貨についてもまとめてました。エコペイズ公式サイトでの入金...

エコペイズやアイウォレットやヴィーナスポイントにクレジットカードが使えるか?

ベラジョンカジノに直接にクレジットカードを使って入金をするにはマスターカードを選べば無難なんですが、もしも、手持ちのクレジットカードにマスターカードがなかったり、使ってみたカードが全て入金処理に使えなかった場合には、他の入金方法に変更するしかありません。

そんな入金方法を変更する際に、エコペイズやアイウォレットやヴィーナスポイントに向けてクレジットカードで払おうとされる方もいるかもしれませんが、今は無理ですのでご注意ください。

以前はクレジットカードで入金することができましたが、こちらも最近になって厳しくなりクレジットカードでの入金ができなくなっています。

これら電子決済には銀行送金やヴィーナスポイントなどの仮想通貨を利用してお金を入れるしかありません。