ベラジョンカジノの入金にマスターカードが使えるようになりました。

これは初めてのことではなくて、かつて使えていた時期もあったんですがしばらくの間、マスターカードでの入金ができなくなっていたんです。

そこで、今回はベラジョンカジノへの入金をマスターカードで行うための注意点などをご紹介します。

ベラジョンカジノへの入金 マスターカードでの注意点

最低入金額最高入金額手数料
10ドル2,500ドル2.25ドル(最大5ドル)

以上のように入金をする際には上限が2,500ドルまでとなっており、最低入金額は10ドルとなっています。

また、手数料も2.25ドル(最大5ドル)発生するので無料というわけにはいきません。

とは言え、入金するのが非常に簡単なので僕的にはこの程度の手数料を払ってでも使いたい手段だと思ってます。

マスターカードは出金には使えない

マスターカードに限ら全てのクレジットカード入金に言えることですが出金に使うことはできません。

クレジットカードで入金した場合には出金は銀行送金を使わないといけないんです。

マスターカードと他の入金方法を全比較

入金方法下限/1回上限/1回上限/1日上限/1ヶ月手数料
VISA10ドル5,000ドル5,000ドル5,000ドル2.25%(最大5ドル)
MasterCard10ドル2,500ドル10,000ドル140,000ドル2.25%(最大5ドル)
JCB10ドル4,000ドル15,000ドル80,000ドル2.25%(最大5ドル)
AMEX10ドル800ドル15,000ドル80,000ドル2.25%(最大5ドル)
エコペイズ50ドル10,000ドル100,000ドル無制限なし
ヴィーナスポイント10ドル20,000ドル100,000ドル無制限なし
仮想通貨10ドル5,000ドル100,000ドル無制限なし
マッチベター10ドル10,000ドル25,000ドル無制限なし
ポイントカップ50ドル5,000ドル5,000ドル無制限なし

こうやって比較してみると、マスターカードと他のカードは大差がないことが分かります。

マスターカードで1回に入金できる限度額こそエコペイズやヴィーナスポイントに比べると少ないですが、それでも1回に約25万円を入金でき、さらに次の入金は24時間後には再びできるようになることを考えれば、多くの日本人プレイヤーには十分な入金限度額だと思います。

ただし、クレジットの場合には誰しもカード払いで使える毎月の限度額が決まっているので、カードそのものの利用限度額に達するケースも考慮する必要があります。

なのでハイローラーな人にはマスターカードで入金できる金額では物足りなさを感じる人もいて、エコペイズやヴィーナスポイントを利用するケースも多いようです。

ベラジョンカジノにマスターカードで入金する手順

クレカで直接に入金をする場合にはエラーになることがあるので以下のいずれかの方法を使うことが理想的です。

【ベストな方法】

マッチベターという決済サービスを利用する方法となります。(マッチベターのチャージをマスターカードで行う方法です。)

「マスターカード→ マッチベター→ ベラジョン」の流れで資金を動かすわけですがマッチベターはスマホアプリなのですごくカンタンなんです。

僕はマスターカードに限らずクレカを使う際にはマッチベターを使うようにしています。

※マッチベターはベラジョンの入金手段のなかにあるのでそちらから登録も行えますよ。

【マッチベターの次におすすめの方法】

ベラジョンカジノの公式サイトに入り、いざ入金手段にマスターカードを選ぼうとしてもみつからずに困惑される方も多いと思います。

実は、ベラジョンカジノの管理画面ではマスターカードを選ぶには「KwickGo」を選ぶ必要があるんです。

他の決済手段のエコペイズ(ecoPayz)やアイウォレット(iWallet)、それに「VISA」と一緒に並んでいます。

KwickGoを選んだ後は、カードの番号等の必要な情報を入力すればいいだけなので、手順での注意すべき点は「KwickGoを選ぶ」という点だけです。

まとめ

マスターカードで入金ができるようになったおかげで、ポイントがどんどんたまってマイルに変えて旅行に使う人も増えています。

ただし、入金にマスターカードを使う場合には出金に銀行を利用しないといけないのでアカウント登録後には続けて銀行口座の登録も一緒にしておくと後でラクになりますよ。

僕の友達は、せっかくベラジョンカジノでまとまった金額を勝てたのに、出金手段を用意していなかったせいで出金をするのに2週間ほどかかって資金を自由に使えなかった経験者もいます。