ベラジョンを副業にしてみようかな?と考えている人はきっと日増しに増えていると思います。

不況ムードに突入し始めたことや将来に不安を感じている人が日本で増えているからです。

そこで、オンラインカジノでもとりわけ知名度もプレイヤーも多いベラジョンについて、はたして副業にできるのかどうか?実際にプレイしている僕の体験と周囲で大きな勝負をしているセレブな友達の様子から検証してみました。

※ちなみに僕はFP(ファイナンシャルプランナー)資格も持ってるベラジョンプレイヤーです。

ベラジョンは副業にできる可能性があるかどうかの答えと理由

ベラジョンが副業にできる可能性があるかどうかですが、その答えは「可能性はある」です。

理由は6つあります。

  • 24時間いつでも好きなだけプレイできるから
  • 資金は最低20円から可能だから
  • ベラジョンはイカサマがなく信頼できるから
  • ゲーム数・種類が膨大なので得意なものを選べるから
  • 自分の顔や名前を他人に知られることがないから
  • 勝利金は2~3日で出金可能だから

時間が自由だから

ベラジョンはオンラインカジノなので実際に海外で行われているバカラやブラックジャックなどのテーブルの映像を見ながらそれにベットしてプレイができます。そのテーブルにつくディーラーは交代で入れ替わりながらひたすらゲームは続くので24時間いつでも日本からスマホやパソコンを使ってプレイできます。

もちろんスロットの場合にはディーラーはいないのでスマホやパソコンで当然に24時間いつでもプレイできます。

寝る前にでも朝早く起きてからでも、本業の昼休みにでも好きな時間にプレイができるので年中無休であなたが好きな時間に副業ができることになります。

資金は最低20円から可能だから

ベラジョンの場合は最低掛け金はスロットの1スピン20円が最低額となります。ライブバカラやブラックジャックのようなテーブルゲームになると1ベットは最低100円からとなりますが、それほど低い金額で副業ができるのは魅力的ですよね。

ただし、資金を入れるのに最低金額があるのでクレカなら2,000円くらいは1回に入れる必要があります。

とは言えライブバカラで2000円を賭けて1回勝利すれば4000円になるわけですから、こんな副業は他にはありませんよね。

ベラジョンはイカサマがなく信頼できるから

ベラジョンの強みとして信頼性の高さがあげられます。数多くのオンラインカジノがあるなかで運営歴の長さと信頼性の高いライセンスを取得していることは他の多くが勝てないベラジョンの魅力と言えます。

お金を入れるだけでなく、勝利金を無事に出金できてこそはじめて副業が成功と言えるわけですが、出金がちゃんとできる信頼性の高さはバカにできません。

他の新規参入や過去に消えていったオンラインカジノのなかには出金トラブルの話が広まったところもあるくらいですからね。

勝利金は2~3日で出金可能だから

副業としてベラジョンをやるうえで大事なことは勝利金を引き出して現金化するのにかかる時間が早いということです。

他のオンラインカジノだと出金にあたって手続きが面倒だったり、ひどいところだと出金でトラブルが発生する可能性もありますがそういう心配はベラジョンならありません。

それに他だとスムーズに出金ができたとしても選べる手段の都合で7日ほどかかるところもあります。すぐ現金化できるというのは副業では大事なことだと思います。

ゲーム数・種類が膨大なので得意なものを選べるから

ベラジョンなら取り扱いのゲーム数が多いので勝てそうにないと思ったら別のゲームやテーブルに変更しやすい強みがあります。

ストレス解消にオンラインカジノをやるならプロでもないのでテーブルやゲーム変更をするほどのこだわりは必要ないかもしれませんが副業となれば話は別です。

特にライブバカラなどはそれまでのカードの出目が一覧で見れるので、今後の展開がある程度予想しやすい時もあります。そういう時にそのテーブルを選んでしっかりとベットするといのは副業としてやる上で絶対に外せない戦略と言えます。

自分の顔や名前を他人に知られることがないから

副業をやることを会社で正式に認められていない人や、認められていても世間体があるので人目につくようなことは避けたい人も多いと思います。

そんな人でもベラジョンならオンライン上でプレイするだけでいいので誰にも名前や副業としてやっていることを知られる心配がありません。

ベラジョンを副業にするべきでない人

先程はベラジョンが副業に向いている理由をあげてみましたが、たとえどんなに副業に向いていると言ってもこれを副業にするべきでない人がいます。

ギャンブル好きで資金をつぎ込んでしまいがちな人と職場が副業禁止の場合です。

ギャンブル好き資金をつぎ混んでしまいがちな人

副業にする以上はたとえベラジョンとは言えオンラインカジノですから、勝負にのめり込んで資金を大量につぎ込んでしまう人は大負けするリスクもあります。そんなものは副業とは呼べません。

ファイナンシャルプランナーでもある私がアドバイスさせてもらうとしたら、こういったタイプはギャンブル以外のビジネスを副業にする場合でも開業資金とかに大金をつぎ込んでしまう傾向があると思うので、資金を使う副業には向いていないと言えます。

できれば、配達やウェブ上での作業を行うような副業が向いていると思います。

もちろん、パチンコやスロットが好きで趣味としてやっている人

でも、自分で毎月の資金を上手にコントロールできている人であればベラジョンを副業にすることは問題ありません。むしろ向いていると言えます。

職場が副業禁止の場合

職場にベラジョンの副業が絶対にバレるとは限りませんが、もしも1年間で50万円を超える金額を勝った場合には確定申告をする必要があるので経理の人に給料以外の収入を感づかれる可能性があります。

とは言え、経理の人がわざわざその内容を問い詰めることはないと思うのでバレる心配はないと思いますが、仮に経理担当者が経営者の家族だったりする場合にはもしかすると副業の収入がバレるかもしれません。

ただ、その場合でも「ネットでできる海外のゲームで勝ったお金」と言えば副業とはみなされずに趣味で手に入ったお金として済むのが普通だと思います。

仕事の時間外にやってるもので、なおかつどこかから給与のように報酬をもらってるわけじゃないので副業として認めてもらう方がむしろ難しいはずです。

ベラジョン以外にも副業にできるオンカジ

ベラジョン以外にも副業にできるオンカジはいくつかありますが、飛び抜けて最も副業に向いているのはベラジョンだと思ってます。

他のオンカジにはベラジョンに似ていたり、キャッシュバックがあったりとむしろベラジョンより魅力を感じる人も多いかもしれませんが、通信状態が良くなくて、途中でライブゲーム画像がフリーズしたり、途切れてしまったりと不安定さがあります。

一度ベットしたお金は途中で通信が途切れても映像が見れないだけでお金の損得には影響しませんが、それでも精神的に良くないですし、ゲームやテーブルを変えたい時に画面操作ができなくなるなど副業がはかどらないことがあります。

ただし、資金の入金方法でベラジョンよりも便利で人気なところがあります。

銀行から入金できるオンラインカジノ それと 仮想通貨で入金できるオンラインカジノ です。

これ以外のオンラインカジノでの一般的な入金手段であるクレジットカードや電子決済サービス(ecoPayz・iWallet・VenusPoint)を使うならベラジョンの一択だと僕は断言します。