ベラジョンカジノは公務員の方にも人気があるそうですが、その理由を調べてみました。

すると納得の答えが次々と見つかったんです!そりゃそうだな~ってものばかりでした。

ベラジョンカジノが公務員に人気の理由

多くの公務員の方々はベラジョンカジノを楽しんでいます。なぜこのカジノは公務員の間で人気があるかというと主に下3つの理由がありました。

ベラジョンカジノは国内でプレイしても安全

オンラインカジノを検討している人の多くは法的な問題を気にしています。カジノでお金を賭けるのは違法であると思われているからです。公務員という立場なら一般の方よりもよけいに気にしますよね。

確かに日本国内では違法カジノ店が摘発されていたるなど、国内でプレイすれば違法になってしまうように見えています。

しかし、それは運営会社と店舗が「国内」の場合の話です。海外のオンラインカジノの場合は事情は異なり、運営している会社は海外だし運営しているサーバーも海外にあるため単に日本からアクセスして賭けているだけなんです。

アメリカ旅行でラスベガスでギャンブルをしても帰国後に捕まることが事はないのと同じで日本と海外では法律が異なるんです。

今の日本では、海外のオンラインカジノに賭けて利益が出た資金を日本国内に送金して受け取ってもそれで違法とされることはないのが現状です。

過去に海外のオンラインカジノで逮捕された人もいましたが、結果的には不起訴処分となり罰は受けていません。

ちなみに、逮捕というのは一時的に身柄を拘束されることであって逮捕されたから処罰を受けたということではありません。

パチンコ屋等に通う必要が無いため気軽に遊べる

ベラジョンカジノはスマホやPCからプレイできるのでわざわざお店に行く必要もありません。仕事の休憩時間や仕事帰りなど場所を選ばずにでプレイできます。

公務員の場合には世間の目が気になると思いますがパチンコ屋などはお店に出入りするのも気を使う人もいると思います。

しかしベラジョンカジノなどのオンラインカジノなら世間の目を気にする必要もなく家や車のなかで楽しむことができて安心です。

ベラジョンなら副業感覚で稼ぐこともできる

公務員の方々は副業が禁止されていますがオンラインカジノなら手堅くプレイすることで副業のような効果をもたらすことができます。

なかにはライブバカラやライブブラックジャックなどを本業以上に稼いでいる人もいるくらいです。当然ですが本業にしてる人もいます。

なお、年間で10万円以上の利益が出ている場合には確定申告をする必要がありますが「一時所得」で申告するだけのことで公務員だからといって職場に何の一時所得かまでバレることはありません。

分かりやすい例でいうと公務員はFXで稼いでもそれは問題ありませんよね?それと同じでオンラインカジノの利益も税金さえ払えば問題ないわけです。

>> ベラジョン登録手順【画像つき】

ビットコインを持ってる公務員ならベラジョンカジノから出金も安心

公務員の方々でもベラジョンカジノなどを副業をしたいと思っている人は多いと思いますがバレることを心配して1歩踏み出せない人が多いと思います。

特に気になるのは入金や出金で身バレするリスクではないでしょうか。そういう時はビットコインがおすすめです。

ビットコインは通常の現金と違い匿名性が高い通貨なのでどこに入金したかどこから出金したか他人には履歴を確認しづらいシステムになっています。

クレジットカードや銀行送金ですと履歴を確認されてしまう可能性がありますがそこは匿名性が高い仮想通貨です。公務員がベラジョンをやるなら入金も出金も両方使えるビットコインはおすすめです。

ビットフライヤーなどでクレカや銀行送金でビットコインを購入し、そちらからビットコインなどの仮想通貨が使えるオンラインカジノに送金すれば資金を入れることができます。

また逆に、ベラジョンなどで利益が出た分はビットフライヤーなどのあなたの仮想通貨口座に送金すれば出金できますよ。

公務員が勤務中にプレイすると減給や懲戒処分に!

公務員がカジノでプレイするなら勤務時間中は絶対にNGをですよ。ご存知のように公務員には職務専念の義務があります。

いわゆる「勤務時間中は、仕事に集中しなければならない」という法律ですよね。

ですから勤務時間中にプレイすると単に怒れられるだけじゃなく違法になってしまう可能性ががあります。ギャンブルで違法にならなくても職務上の違法行為となります。

現に過去には公務員が減給になってしまったケースもあります。懲戒解雇にこそなっていませんが半年分は減給された実例があります。

>> ベラジョン登録手順【画像つき】