ベラジョンカジノがライセンスと運営会社を変更しました。

変更した内容や変更したことで良くなったのか悪くなったのかについて紹介してみたいと思います。

ベラジョンカジノがライセンスと運営会社を変えた内容

ライセンスはどう変わったか?

ベラジョンカジノのライセンスはMGA(マルタ共和国)でしたが、これをキュラソーに変更しました。

キュラソーも信頼できるライセンスですが従来のマルタのライセンスの方が審査が厳しくて取得・維持が困難だったので厳しさという麺ではライセンスのランクを少し落としたということが言えるかもしれません。

運営会社はどう変わったか?

もともとはDumarca Gaming Ltdが運営をしていましたがBreckenridge Curacao B.Vに変更しました。

もしかすると、変更したのはライセンスを変更する都合と運営サーバーなどを変更するための都合によるものかもしれません。

ベラジョンカジノがライセンスと運営会社を変えて良くなった点

ベラジョンカジノがライセンスと運営会社を変えて良くなった点ですが、運営会社を変えて良い点というのは今のところみつかりません。

なぜなら、新会社になったことになるので今後の運営状況を見ないと今の時点では判断ができないからです。

とは言え、ライセンスを新しくキュラソーに変えるための会社変更だったとしたら悪いことはないと思います。

そしてライセンスの変更については、これはいろいろと分かってきた情報をもとにすると良い点しかなさそうでした。

今まで厳しかったマルタのライセンスからある程度は自由がきくキュラソーライセンスにしたことで仮想通貨が使える可能性が出てきました。

以前は仮想通貨が使えていたのが今は使えなくなっていますが、他のオンカジでは仮想通貨の利用を再開しているところも増えてきています。その流れにのるためにライセンスを変えたということも考えられます。

また、マルタよりキュラソーの方が大きなお金を動かしやすくなるようで、おそらく今後は1回の賭け金の上限が大きくなったり、1回の入金額や出金額の上限が大きくなる可能性が考えられます。

今回の変更でプラットフォームも変更に

公式ページでも紹介されていましたが、今回の変更と同タイミングでプラットフォーム(設置サーバー等のことだと思います。)も変更されたようです。

結果、画面の表示スピードが速くなったそうで、す。試しにログインをしてみたら僕の体感でも以前より倍は速く画面表示されるようになっていました。

婚儀、今まで以上に日本向けのサービス向上も行われるようです。

ベラジョンカジノがライセンスと運営会社を変えて悪くなった点

ライセンスと運営会社を変えて悪くなった点は「信頼性が(少しだけ)下がった」という1点だけです。

ライセンスの取得難易度はそのまま信頼性の高さに直結しますが、その取得難易度を見た場合、以前のマルタライセンスより新しいキュラソーライセンスが取得は優しいんです。

また、会社が新しくなったことでベラジョンが今までに築き上げてきた信頼感はリセットされてしまいました。

とは言え、社名とライセンスが変わっただけで経営メンバーが変わった話は聞かないので、今まで通りの信頼性は今後も続くと思います。

それと、キュラソーのライセンスは最近のオンカジ業界ではトレンドとも言えるので悪い話でもありません。

あくまでもマルタに比べると少し落ちるという程度の話です。

もしも、ベラジョンがマルタからキュラソーに変えた狙いが仮想通貨を使いたいということと、プレイヤーが今までよりも大金を使えるようになるということ、そして運営会社は名称変更しただけということなら、僕たちプレイヤーにとって悪い点はなに1つないと言えそうです。

ベラジョンカジノ

  • ボーナスは最大約11万円分も!
  • 登録だけで3千円分のボーナス
  • スマホでの遊びやすさもダントツ
  • キュラソーのライセンスで安心

今すぐ登録をする

登録手順はこちら

(管理人の一言)負けた後に使える約11万円分のボーナスは保険代わりで最強。

ベラジョン ライセンスと運営会社変更 まとめ

  • ライセンスはマルタからキュラソーへ変更
  • 運営会社はDumarca Gaming LtdからBreckenridge Curacao B.Vへ変更

結果、表示速度のアップと今後のプレイヤーが仮想通貨を使えるようになったり遊べるお金が大きくなることが予想されています。

また、ライセンスを変更するために運営会社を新しくしたという見方もできます。

※表示スピードアップはすでに効果が出ていました♪